~世界遺産を巡る~ 軍艦島ガイド【完全版】 » 軍艦島の歴史

軍艦島の歴史

~はじまり~ 江戸時代~明治時代

明治時代の軍艦島
明治時代の軍艦島画像引用元:長崎市公式観光サイト「 あっ!とながさき」
https://www.at-nagasaki.jp/gunkan/museum/
1810年 石炭の発見
1887年 第一竪坑の開坑
1890年 三菱が鍋島孫六郎から端島炭坑を10万円で買収し、高島の支坑として三菱の経営となる
1891年 採炭を開始
蒸留水機を設置し、各戸に飲料水配給・製塩も行う
1893年 第二竪坑の開削に着手
三菱社により私立(社立)尋常小学校開校式を実施
1895年 第二竪坑開坑
1896年 旧第三竪坑完成
1897年 第1回埋め立て実施
第一竪坑が坑内火災を起こす
消化による水没のため廃坑
1899年 第2回埋め立て工事実施
1900年 第3回埋め立て工事実施
1901年 第4回埋め立て工事実施
1907年 高島・端島間に海底電線が開通
第5回埋め立て工事実施
1911年 第二竪坑と第三竪坑で使用した捲揚機の動力に蒸気と電気を併用

軍艦島のはじまり
(明治~大正)
について詳しく見る

~最盛期~ 大正時代~昭和39年頃

軍艦島の人口密度
写真提供:軍艦島デジタルミュージアム
https://www.gunkanjima-museum.jp/
1916年 大阪朝日新聞が端島を2本煙突の巨大な軍艦に似ていると報道
日本最古のRCアパート30号棟完成
1917年 二子~端島間の海底ケーブル第一回線が敷設され、送電開始
1918年 RC9階建アパート日給社宅建設
動力を蒸気から電力に概ね切り替え完了
1921年 長崎日日新聞が軍艦土佐に似ているとして「軍艦島」と紹介
1922年 上陸桟橋(クレーン式)完成
1925年 第四竪坑(深さ370m)完成
1927年 映画館(昭和館)開館
1930年 第二竪坑掘り下げ、掘削開始
1933年 鉄骨製の積み込み桟橋に改造
1934年 第二竪坑の掘り下げ完了(深さ636m)
1934年 製塩工場廃止
第三竪坑廃棄
1935年 20号棟の屋上に社立幼稚園開園
1936年 端島神社建設
第二竪坑稼働開始
第二竪坑坑底坑道でトロリー電車運転開始
1941年 年間生産41万1100トンの最高出炭を記録
1942年 第二竪坑口で火災発生
1944年 報国寮(65号棟)建設
1945年 石炭積込み中の白寿丸沈没
第二竪坑坑道水没
1947年 公衆電話の設置
1949年 映画「緑なき島」で端島が全国的に紹介される
1953年 高浜村立端島保育園完成
1954年 第1回端島ドルフィン桟橋竣工
1955年 高浜村端島と高島町が合併、高島町端島になる
1956年 台風9号発生
ドルフィン桟橋・南部岸壁・端島プール損壊
1957年 端島小学校、端島中学校校舎全焼
端島病院、65号社宅類焼
端島小学校、中学校完成
海底水道工事完成
給水船 朝顔丸を廃船
1958年 端島病院復旧落成
端島南部プール落成水泳大会開催
第2回端島ドルフィン桟橋完成
1959年 台風14号発生
ドルフィン桟橋・植込桟橋・護岸壁に甚大な被害
1961年 つや丸、せい丸就航
1962年 第3回端島ドルフィン桟橋完成
夕顔丸廃船
1963年 緑化運動開始
1964年 端島公民館完成

軍艦島の最盛期
(大正~昭和)
について詳しく見る

~衰退期~ 昭和40年頃~昭和49年

ドルフィン桟橋
写真提供:軍艦島デジタルミュージアム
https://www.gunkanjima-museum.jp/
1970年 端島小学校・中学校の体育館、格技室および給食調理室完成
1973年 大火発生
1974年 端島坑閉山
端島支所、各施設閉所式および端島小学校・端島中学校閉校式
無人島になる
1975年 海上保安庁が「肥前端島灯台」を設置

軍艦島の閉山
(昭和後半)
について詳しく見る

~現在~

現在の軍艦島
2001年 三菱マテリアルが端島を高島町に無償寄贈
2014年 高島炭鉱跡が国指定史跡になる
2015年 世界文化遺産に登録

軍艦島の現在
について詳しく見る

海の状況や悪天候で上陸できないことも多い中、平均上陸率94.7%(※)と高い上陸率を誇る軍艦島コンシェルジュさん協力のもと、軍艦島の上陸ツアーに参加したレポートを紹介しています。ツアーの見どころはもちろん、軍艦島の魅力を余すところなくお届けします!

※平成23年度~平成30年度の上陸実績

イメージ